VWゴルフ4GTI オーバーヒート修理

VWゴルフ4GTI エンジンのタイミングベルト付近より異音が発生していました。
タイミングベルトカバーを取り外し各パーツの点検を行うと、ウォーターポンプにガタが発生、ポンプインペラも破損していました。
オーバーヒート及び異音の原因はウォーターポンプでした。

VWゴルフ4GTI
VWゴルフ4GTI タイミングベルト交換
VWゴルフ4GTI タイミングベルト交換

取り外したパーツです。ウォーターポンプのインペラが破損していました。

タイミングベルト関係パーツ

タイミングベルト関係の新品パーツです。

クーラント漏れ修理もご依頼いただきました。
サーモケース及びサーモスタット(オーバーヒートにより交換)水温センサー及びセンサーケースなど。

スターターモーター

スターターモーター交換もご依頼いただきました。

エアコンガス及びオイル リチャージ

エアコンの点検もご依頼いただきました。
エアコンガス回収、コンプレッサーオイル回収、ライン洗浄、バキュームテストなどを行いました。
回収後、足りないエアコンガスの補充、コンプレッサーオイルの補充を行いました。エンジンを始動して、高圧、低圧などの点検を行い作業を完了いたしました。

Previous article

ベンツ190E 2.6ブレーキ整備

Next article

BMW320iのパーツ交換